様々な情報を一括管理するマーケティングオートメーション

様々な情報を一括管理するマーケティングオートメーション

大きく機能は2つあり、1つはモニタリング機能。また、Eメールだけでなく、郵送やFAX送信の機能を備えたツールも存在する。

効果的なナーチャリングには必須の機能と言える。既に1つは、ある条件にミートするリードが発生したタイミングで指定した文面のメールを送信する機能だ。

既に1つは、Twitter、Facebook、Google+など各種ソーシャルメディアに対する投稿をする機能。また、一括送信メールでも、リードのデータベース内の項目に応じてコンテンツの一部を差し替えるなどの調整が出来るものもある。

これは例えば、セミナーに参加したリードが、Webの価格表ページを見に来た場合、その1時間後にメールを送信する、などになる。ソーシャルメディアについても海外系のツールでは統合されていることが無数。

時間指定による投稿予約や、投稿内のリンクのクリック数やいいね。やRT(リツイート)などの反応についても一元管理される。1つは前述のセグメンテーション機能によって作成されたリストに対して、一括送信する機能。

Eメールの送信については大きく2つの機能を持つことがたんまり。これは、事前に登録しておいたキーワードを含む投稿がソーシャルメディア上で行われた際にそれを蓄積し、必要に応じて反応をすることが出来る機能。